【ライブ感想】安藤裕子、ACOUSTIC LIVE2018-19 最終公演、2019年1月6(日)東京・なかのZERO大ホール

安藤裕子(ねえやん)の、ACOUSTIC LIVE2018-19 最終公演、2019年1月6(日)東京・なかのZERO大ホールに行ってきました。

静かな幻想的なSEの中、ピアノ山本隆二氏とギター名越由貴夫氏が登場。

もっさんの柔らかなピアノが奏でる中、最後にねえやんがステージに現れました。

その流れで、一曲目は聴いたことがないナンバー、新曲です。

「ITALAN」でみせた新境地の世界観とは違って、これまでのねえやんらしい、スローでメロウなナンバーでした。

間髪入れず「TEXAS」。

ピアノとギターのシンプルな構成の為、ねえやんの歌声が届く届く。

2曲目でもう泣いてまうやろ状態でした。

「TEXAS」終了後、

「 こんばんは。安藤裕子です。」と簡単な挨拶のあと、

「名越さんがこれから歌う曲のイントロが苦手だ、苦手だと言ってきて、段々と上手になってきて、ねぇ、どうしましょ、最後の1回!」

と、早くもねえやん節炸裂(笑)

「OH!MY RADIO」でラブちゃんをいじる感じの小悪魔ねえやん登場。

ねえやんからのプレッシャーの中、「のうぜんかつら」が始まりましたが、無事最後まで演奏した名越氏流石です。

「お祭り -フェンスと唄おう-」の後、

「雰囲気変えるのに初めて座ってみようかな」と、ねえやん椅子に座る。

「2年くらい前に曲もできないし、はぁもう止まる〜休みます〜、となったんだけど、君は休んだらもう浮上して来ないからライブだけちょこちょこしなさい」と言われたそうです。

その後は、

「1番長くいてくれた女の子マネージャーが結婚退社をしました、おめでとう〜、卒業式っぽいセットリストを入れたいと思い…、寂しくるけどお祝いだからね、そういう曲を歌います」

と言って、

「鐘が鳴って 門を抜けたなら」

シンプルでストレートな、

「たまには ここに帰っておいで

たまには 笑顔を見せにおいで」

という部分の歌詞が胸を打ちました。

「レガート」後、MC

「15周年の記念のライブでは、リクエスト曲を中心に組みました。お祝いを終えたから、今の自分を届けられたらなと思い本日はセットリストに新曲を入れさせてもらってます。」

とここから、新曲コーナー。

「箱庭」は、男の人が主人公の恋の始まり

「少女小咄」は、女の人が主人公かな、恋を忘れてしまった女性が、久しぶりに夢を見ちゃう、でもちょっと自信がないみたいな。

イタランはテーマは無理に恋とか愛とか歌わないと思ってた、やり終えた時に、いや、無理に恋とかしろよとちょっと思った、40の初恋みたいな感じで、グレーのまま生きててもつまらないかなと思った、みんなに少子化ですし、そういうのを煽ろうかと思って…」

という所で会場のお客さんからは笑いが漏れました。

新曲の「箱庭」は、ギターのリバーブが広がりを見せて幻想的、どこか哀愁漂うけど強さを感じる曲。

「少女小咄」も同じように哀愁漂うねえやんらしいナンバー。 ただこちらも同じように哀しさよりも強さを感じさせる曲でした。

「風雨凄凄」

「海原の月」と続き、

もっさんのピアノによる、幻想的な美しいアルペジオ

「(聞いたことない曲だなぁ、新曲かな)」と思っていると、ねえやんが歌い始めました。

 

「ああ 風が吹いて 始まりだよ」

 

「(!!! パラレルかよ!!! マジか!)」

この曲には本当にびっくりしました。

疾走感ある「パラレル」があんなに幻想的な曲になるとは!!

もっさんのピアノにねえやんが合わせたのか、ねえやんの歌声にもっさんがアルペジオを弾いたのか分からないけど、ねえやんともっさんの表現力凄い!!

その後のHPの記事によると、この曲は、

「パラレル(悲しみバージョン)」

だそうです。なるほど。

続いて、

「夜と星の足跡 3つの提示」。

「以前に数回歌っただけの曲を歌ってみようと思います。」

と言って

「一日の終わりに」

で本編は終了しました。

アンコールでねえやんが登場し、MC。

本日の公演のCD発売決定。

15周年を締めくくるZeppツアー決定。

の発表。

アンコールは、

「問うてる」

ライブ終了後にはカーペンターズの「青春の輝き」が流れていました。

今後のねえやんの情報
▪️ACOUSTIC LIVE2018-19 最終公演、2019年1月6(日)東京・なかのZERO大ホールの模様を全曲収録したライブCDが3月27日(水)発売。

▪️安藤裕子 2019 LIVE TOUR
6.22(土)大阪・Zepp Namba
6.23(日)福岡・Zepp Fukuoka
6.30(日)愛知・Zepp Nagoya
7.7 (日)東京・Zepp Diver City Tokyo

私は7/7のチケットを既にファンクラブの先行で取りました。
感想はまたこちらに書きたいと思います。

f:id:ikujiandmusic:20190302071555j:image

 

【ライブ感想】スカートライブ・キネマ倶楽部

12月19日、スカートのシングル「遠い春」のツアー、最終公演の東京・キネマ倶楽部に行ってきました。
開演時間少し過ぎ、メンバー登場。
「ストーリー」でスタート。
間髪入れず、自然とリズムをとってしまいたくなる、小気味よいリフが印象的な「さよなら!さよなら!」。
「いい夜」
「いるのにいない」
「ランプ」
タイトルなしの新曲と続いたところで、この日1人目のゲスト、Ropesのachikoさんが登場。
シェイカーを持って登場したachikoさんと「パラシュート」、「視界良好」、「おばけのピアノ」、「ストーリーテラーになりたい」を演奏しました。 achikoさんのシェイカーとステージ上で楽しく笑顔、そしてノッている姿に後押しされたせいか、achikoさんの登場からバンドのグルーブが格段に良くなりました。
ここで澤部氏のMC。
「(achikoさんを)個人的に色んなところでコーラスを見てきて、高校生の時に大好きなバンド、第1期の空気公団のライブにコーラスで参加していたachikoさんを見ていた」という。
高校生の時見ていた方とこの日同じステージで共演なんて凄いよなぁ。
この後、「遠い春」を一緒に演奏してachikoさん退場。
そして、またまたゲスト登場。
在日ホーンズから村上基(Tp)、ジェントル久保田(Tb)、橋本剛秀(Sax)が登場。
「忘却のサチコ」
「わるふざけ」
「返信」
「オータムリーブス」の楽曲に色を添えました。

「ちょっと前から配信している、味噌のマルコメさんとコラボした、DJ MARUKOME×スカートfeat tofubeatsみたいなちゃっとやっかいな感じですが」と言って披露した、
高田馬場で乗り換えて」、
「さかさまとガラクタ」
「手の鳴る方へ急げ」
「回想」
「CALL」
「ひみつ」
と続き、
「今年の10月に母校に凱旋ライブしたんですが、その母校で作ってたというアルバム「エス・オー・エス」から、
「花をもって」
「ゴウスツ」
本編最後は、「静かな夜がいい」
アンコールは、 1/23に発売する新しいシングル 「花束にかえて」、 映画の為に書き下ろした新曲 「君がいるなら」、「月光密造の夜」
2回目のアンコールでは、「ガール」を演奏し終了しました。

 

この日初めてスカートのライブに行きましたが、スカートのお客さんは年齢層が幅広いですね。 上は60代ぐらいのおじさんから下は20代若めの男女まで。
良質なメロディと楽曲は老若男女と私の心に確かに響いていました。

【ライブ感想】パエリアズ【ツアーファイナル】

◾️PAELLAS 11/30(金)Orange / Weight Release Tour [Tokyo]
LIQUIDROOM 恵比寿

SEが流れる中メンバー登場。
「daydream boat」でスタート。
「Together 」
「Miami Vice」
「Fade」
と間髪入れずに演奏が続きました。
この日は前回見た時と立ち位置がギターのANAN氏とベースのbissi氏が逆に変わっていました。

 

あとベースの音が以前に比べて絞っているように聴こえた。

浮遊感のある心地良い音に身を任せ、体を動かします。
「Darlin Song」
「weight」
「 Pray For Nothing」
「Echo」
「Shooting Star」
「Orange」
他にも数曲演奏しましたが、すいません忘れてしまいました。
「Over The Night」
で本編終了。

アンコールに応えてメンバー登場。
ここで本日初めてのMC。
ここまでMCがなかったのは自分が見たパエリアズのライブで初めてです。
ボーカルMATTON氏のMC。
「このツアー恒例の1人漫談の時間がやってきました(笑)」
と言って会場も笑い。
次(ワンマン)やる時はフルアルバムを出す時でしょうからと期待と楽しみの言葉を残してアンコール曲。
アンコールは3曲。
最後は「Anna」で終了。

この日もパエリアズのアーバンサウンドに酔いしれました。
パエリアズのライブにはこれからも定期的に行きたいと思います。

【キネマ倶楽部】スカート【ライブ】

まだパエリアズのレビューしていませんが(汗)

明日はキネマ倶楽部のスカートのライブに行ってきます。

スカートのライブは初めてなのでどんなライブになるか楽しみです。

パエリアズとスカートのレビューこちらで書きますのでよろしくお願いします。

【ライブ感想】9/19(水) リキッドルーム【パエリアズ×キングヌー】

9/19(水) LIQUIDROOM
■PAELLAS × King Gnu
「LIQUIDROOM 14th ANNIVERSARY」
行ってきました。
定刻少し過ぎてパエリアズ登場。

一曲目は、「Darlin’Song」。
ゆったりとした浮遊感漂う心地よい曲。
フロアのお客は気持ちよさそうに体を静かに動かします。
「Together 」
「Fade」
「Echo」
と間髪いれずに演奏しました。
その後のMC。

「こんばんは。何回演ってもこのリキッドルームは気持ちいいですね。
11/30にまた皆さんと会えたらいいなと思っています。よろしくお願いします。
キングヌーとは地方では何回か一緒にやってるんですが、東京は初めてかな…。
なんか多いんですよ。パエリアズと一緒にキングヌーを聴いてる好きって言ってくれる人が。心配されるんですよ。仲良くないんですか?って。
全然遊んでないみたいですけど、打ち上げとかやってるんですか?
集合写真とか撮ってないみたいですけど…
大きなお世話ですよ。」
会場「(笑)」
「一緒に中華を食べながら男の子の会話をしてますよ。
そんな感じでよろしくやってますよ。」

そして、
「急遽新しい曲やります。」と、ファンには嬉しいサプライズ。
「Orange 」が披露されました。
これまでのパエリアズにはなかったメロディーに重点をおいて作られた曲だと思いました。
音はパエリアズらしい相変わらずおしゃれで気持ちいい。
その後何曲か演奏し、ラストは「Shooting Star」。
パエリアズのライブは、それぞれのパートのフレーズが好き、音に粒もあって楽しめます。
視線が、自然とボーカル、ギター、ベース、ドラムと行ったり来たりします。

続いてキングヌー。
一曲目は「Flash!!!」
パエリアズとは対照的にのっけから全開。
お客もノリノリ。
畳み掛けるように
「Tokyo Rendez -Vous」
「McDonald Romance」
「あなたは蜃気楼」
と続きました。
そしてキングヌーにはお馴染みのMC?!
ちなみに私は今日初めてのキングヌーのライブ。 井口氏のMC?!の内容は予想外でした。
ラストは「ロウラブ」。
バンドサウンドとシンセがうまく混ざり合ってお客さんはノリノリでした。
とにかくシンセの破壊力が凄かった。

 

今後のライブ参戦予定
◾️PAELLAS
11/30(金)
Orange / Weight Release Tour [Tokyo]
LIQUIDROOM 恵比寿

 

◾️安藤裕子

2019年/1/6(日)

2018-19 ACOUSTIC LIVE

東京・なかのZERO大ホール

 

感想はこちらで書きます。

よろしくお願いします。

 

【ライブ】パエリアズ×キングヌー 【話題】

来週水曜日はパエリアズとキングヌーのイベントに行ってきます。

■PAELLAS × King Gnu
「LIQUIDROOM 14th ANNIVERSARY」
9/19(水) LIQUIDROOM

今話題のキングヌー。
キングヌーのライブは初めてなので、楽しみです。

曲は一言でいうと「ヤバイ」(笑)。

King GnuFlash!!!」

 

こんな曲もあるんだ。

King Gnu 「McDonald Romance」

 

こんな曲も演るんだ。

King Gnu 「Prayer X」


凄まじいバンドが出てきましたね。
パエリアズは大好きなバンド。
興奮間違いなしのライブになりそうです。
感想はまたこちらで書きます。

【ライブ感想】ITALAN CHIBIBAND TOUR 2018 2018.8.25(土) Motion Blue yokohama【安藤裕子】

安藤裕子、ITALAN CHIBIBAND TOUR 2018

2018.8.25(土) Motion Blue yokohama

の1回目の回に行ってきました。

 

ほぼ定刻通りにまずメンバーがステージに。少し遅れるようにねえやんが登場。

ピアノの音が鳴り、すぐさまねえやんの歌声。「都会の空を鳥が舞う」でスタート。

序盤は静かなピアノの音とねえやんのみの歌声。シンプルな構成だからねえやんの歌声が1音1音がダイレクトに伝わってきます。
ステージと客席がフラットだから視覚的にもねえやんのいい意味での緊張感、躍動感がよく分かりました。
間髪いれず 「SVAHA」。

アルバム「ITALAN」からの曲、SVAHAとはサンスクリット語で、「幸せでありますように」「願いが叶いますように」という意味があるようです。
これまでにはなかった、ねえやんの新境地を開いた曲、どこか怪しげでジャジーな雰囲気はモーションブルーヨコハマ(今回のツアー、ブルーノートビルボード)で演奏する為に作った、できた?と思ってしまうほど(笑)
曲が終わってMC。
「こんばんは、ちょっと早いですけど……ねぇ、ねぇ、ちかっ(笑)!」
会場「(笑)」
「 今回 は私が手がけたアルバムのツアーということで、いろいろやらせてもらってまして、知らない曲も多いかと思いますが聞いて下さい。」
と、
「ドラマチックレコード 」
ギター1本から始まり音源よりスローテンポのアレンジでした。

「次の曲は新曲を歌います。新曲が多いから聞いてねといって古い曲歌いましたけど、今度は本当の新曲やります。東京メトロのCMの曲で小林武史さん作曲、テーマが郷愁感というか、夏の夕暮れ感、そんな感じの曲です、聴いてください」
と、「これでいいんだよ」
もっさんのピアノがかっこよかった。
しかし、配信バージョンと比べてだいぶ印象が違ったなぁ。 この日はピアノのもっさんとギターの市川和則氏 [from羊毛とおはな]とベースのShigekuni氏。
3人による「これでいいんだよ」は郷愁感に大人感がプラスされていました。
もっさんのピアノもかっこよかったが、市川氏のアコギのストローク、ブラッシング、Shigekuni氏(DadaD ダーダーダー)のフレーズもかっこよかった。
3人のアレンジに押されてか、ねえやんの歌声は配信バージョンにはない力強さが加わって圧倒された。 この日のバージョンも配信して欲しいなぁ(笑)

「これでいいんだよ」のあと、ねえやんがアコギのセッティング中ちょっとしたハプニング。
「あはは」と突然ねえやんの声が会場に響きわたりました(笑)
何事かと思ったら「大丈夫?いまね〜フルカワ君の頭をギターで殴ったよ」
会場(笑)。

メンバー紹介の後、
「さんはいっ」で
「太古の時計」が始まりました。
その後は
「こどものはなし」
「雨風凄凄」
「花柄」
とアルバム「ITALAN」の曲が続きました。

ピアノのイントロが鳴り
「海原の月」
前回のライブでは泣きそうになりましたが、この日は落ち着いて聴けました(笑)

「2人(市川氏、Shigekuni氏)には普段とは違う楽器を弾いてもらい、もっさんにはこれまでとは違った解釈での演奏(3人での演奏)で、猛特訓でしたね」
11月からアコースティックライヴツアーが行われることが決まった報告の後、
「至らぬ日々」
「問うてる」
で本編終了。
すぐさまアンコールの手拍子。
ねえやんともっさん登場。
「いっぱい喋ったから戻ってこらないかと思ったけど、早く行きなさいって」
会場(笑)
最後は「のうぜんかつら」でした。

「至らぬ日々」のねえやんはスーパーキラキラしてなぁ。 ミュージカルを観てるようだった。

モーションブルーヨコハマはステージと客席がフラットで目線の高さがほぼ一緒だから、ねえやんの動きが、立体感で感じる事ができました。 体全体で表現しているのがよく分かりました。

1月のアコースティックライヴにもまた参戦したいと思います。

次のライブ参戦は
■PAELLAS × King Gnu
「LIQUIDROOM 14th ANNIVERSARY」
9/19(水) LIQUIDROOM

いま話題の2バンド。感想はまたこちらで書きます。よろしくお願いします。