【後半】アートスクール木下理樹×ロストインタイム海北大輔 【弾き語り】

2017年10月18日、横浜FAD。
アートスクール木下理樹×ロストインタイム海北大輔
アート木下さん終了後、程なくしてロスト海北さんステージ登場。
軽くチューニングをし終えると、一曲目、勲章と傷でスタート。
「今日は先輩に寄せたいと思います。」という言葉通り、木下さんの時の宇宙空間のような静けさの中でライブが進んでいきました。
あとで知ったんですが、木下さんのライブの時に選曲も変えていたんですね!

f:id:ikujiandmusic:20171021211308p:image

 MCでは木下さんの事、
「今は尊敬しているけど、昔は嫌いでした。
最近昔嫌いだった人と仲良くなってきています。好きの対極は嫌いでは無関心なんだなと思う。」
ライブ終盤では、
「今日のライブが決まった時に必ずやろうと決めたことがあって…。 アートスクールの曲を演ろうと」
客席「おぉーーー」
「カノンという曲を演りたいと思います」
と言うとアートスクールファンの方から驚きと嬉しさと感動に満ちた声が漏れました(笑)

最後の曲の前で海北さんは、
「今日はアンコールはなしにしたいと思います。僕だけ多く演奏するわけにはいかないので」と、さすが元野球部?!らしさが伺えました。
全ての演奏が終わると木下さんも登場。
会場の拍手に応えたあと、木下さんは海北さんのカノンに対して
「俺よりいい!」と言ってステージを去って行きました(笑)

自分が初めてロストを知ったのはこのライブ。

f:id:ikujiandmusic:20171021211343j:image

 当日のセットリスト

f:id:ikujiandmusic:20171021211530p:image

 このライブで強く印象に残った「通り雨」。
まさか今日聞けるとは!
当時は感情を全面に吐き出してる印象でしたが、時が経ち今は全体を包み込む強さなような物を感じました。

私の次のライブ参戦は11月のブージークラクションの20周年ライブ、渋谷クアトロ。
ブージーを見に行き初めて知って、はまったロスト。
久しぶりに見たロスト海北さんのライブの次がブージーのライブ。
こういうのってもう偶然というより運命としかいいようがありません!

アートスクール木下理樹×ロストインタイム海北大輔【弾き語り】

2017年10月18日、横浜FAD。
アートスクール木下理樹×ロストインタイム海北大輔
ツーマンの弾き語りに行って来ました。
アートはLOVE/HATE、ロストは群青から見てきているバンド。
この組み合わせを知った時、しばらくライブハウスから離れていた自分ですが絶対行くと決めました!
もう何年か前に、下北251でアートとロストの対バンを見ましたが、まさかまた共演を見れるとは(今回は弾き語りですが)。
ですが、私はここ数年結婚、子供が産まれたりと忙しくて大好きなアートとロストの新譜をここ数年チェックできていません。(ごめんなさい。)
アートはYOU、ロストはDOORS止まりです。

そんな中迎えた今日、仕事をいつもより早めに切り上げ横浜FADに向かう途中、久々に2人を見られるということでニヤニヤとドキドキが止まりませんでした。

開場少し過ぎて、店長のもぎりでいざ箱の中へ。
弾き語りはいつもそうなのか、中に入ると椅子がセットされていました。
開演定刻とほぼ同じくらいにアート木下さんが何の前触れもなくふらりとステージ登場。
フライングVではなくストラト?!のギターをチューニング。
その間客席はしーんと静まりかえっていました。
いざ演奏を始めるという所で木下さんが
「いつもこんな感じなの? 」
客席「(しーん)」
木下さん「やりずら」
客席「(笑)」

そんな中ライブが始まりました。
久々の木下さんの生歌声。
当日風邪を引いてたらしく、本調子ではなかったと思いますが、やっぱり沁みる。

演奏前の静けさはずっと続き、途中木下さんは
「もう誰に向かって歌ってるのか分からなくなってきた(苦笑)」と言っていましたが、いやいやこっちにはちゃんと届いていましたよ。

MCでは
「最近寒くなってきて毎日偏頭痛、
風邪引いてるから今日ドタキャンしようかと思った、
海北君は歌もギターも上手い、
横浜のシャイッ子達」
などなど、空気感を変えようと?!ライブでは今まで見たことないくらい話されていました。
客席からの「がんばれー」の声には
「がんばってる、横浜に来た時点でがんばってる」と(笑)。
途中「ここ宇宙?」
確かにもはや宇宙空間のようでした。

個人的には思い入れのある
君は僕の物だった
LOVE/HATE、
Pool side、
が聴けてよかったなぁ。

いくつ歳をとってもやっぱり自分はアートが好きだと実感。
この先もずっと気持ちは変わらないんだろうな。

次は轟音のアートを見に行こう。

海北さんの感想はまた後日。 

f:id:ikujiandmusic:20171020011115j:image

f:id:ikujiandmusic:20171020011158j:image

あっち、こっちのイヤイヤ期

1歳11カ月になる男の子。
イヤイヤ期です。
覚えたての「あっち!」の言葉を連発。
ご飯食べる時にする前掛けをしようとすると、別の前掛けを指差して「あっち!」
そして、別の前掛けをしようとすると最初の前掛けを指差して「あっち!」
最初はなんだよと思いましたが今ではかわいく思えてきました。
結局「あっち!」と言っても、無理やり最初の前掛けをしても文句言いません。
これくらいならいいですが、問題は外出した時です。
外に出かける時、ベビーカーに乗りたがらず、しかも手を繋がないで1人で歩きたがるのです。
手を繋ごうとしても手を振り払ってどんどん1人で歩いて行きます。
人通りの多い道では通行人の視線が痛いです。
「こんな混んでる道で1人で歩かせるなよ」
「(ごもっともです)」
「ウチの子もいずれあぁなっちゃうのかなぁ、ヤダなぁ」
「(なるんだよ、大変だよ)」

「魔の2歳児」、誰もが通る道。
天使のような悪魔。
もう少し大変な日々は続きそうです。

ミーハーですが何か

2017年のノーベル文学賞長崎県出身の日系イギリス人で作家のカズオ・イシグロさんが受賞されたそうです。
音楽はジャンル関係なくよく聴いてきましたが、本に関してはまるっきりの素人の私。
カズオ・イシグロさんの事はまったく知りませんでした。
ニュースではトップでカズオ・イシグロを特集しています。
アマゾンで検索してみると、レビューには皆さんイシグロさんの美しい言葉の数々に魅力されているようです。
う〜ん、気になる!読んでみたい!
と思い、さっそく図書館のホームページで検索してみました。
カズオイシグロで検索すると皆さん絶賛の「日の名残り」がありました!
よし!予約しよう!
ポチッと予約完了!

待ちは22人でした…。
図書館に2冊貯蔵しているみたいで、仮に貸し出し期限いっぱいの2週間借りるとして…約5カ月とちょっとで私の番…。

まぁ首を長〜くして待ってるとします。

池上の家系ラーメン

仕事で池上へ行く機会があり、たまたま見つけた駅近くの家系ラーメン店に行きました。
池上から五反田間を走る東急池上線
池上といえば、力道山のお墓がある池上本門寺が有名です。
9月初旬にはSlow Liveという野外フェスが毎年開催され今年は空気公団、昨年は安藤裕子が出演するなど音楽ファンにはなかなか魅力的なライブが開催されています。

そんな池上ですが、本題のラーメン。
池上駅改札をでて、すぐ左手の商店街へ。
少し進むと左手に、
横浜家系ラーメン 希家 池上店があります。
家系ラーメン好きの私は家系ラーメンと書かれた看板を見ると、迷いなくお店へ。
入り口入ってすぐ右手の券売機で食券を買い、カウンターへ。
迷いなくお店に入った私ですが、店員さんを見て少し不安がよぎりました。
明らかにバイトと見られる店員さんしかいなかったのです。
こだわりの店主は見当たりません…。
う〜ん、今回の店はハズレかな…。
そんな気持ちで提供されるのを待っていました。
数分後ラーメンが出来上がり提供されたラーメン、見た目はごくごく一般的な家系ラーメンです。
まずはスープから。
おっ!
次は麺。
おっおっ!
期待していなかった為か(すいません)、美味しく頂きました。
スープは濃すぎずちょうどいい味でした。
値段は690円。
トータル的に満足できました。
ごちそうさまでした。
近くに寄られた方、家系ラーメン好きな方は是非。

f:id:ikujiandmusic:20171005215136j:image

 

子のフィルター

1歳11カ月になる男の子。
わんぱくな男の子です。
自分は小さい頃わんぱくだったという話を親から聞いたことはありませんでした。
自分の子はさぞ大人しいんだなぁと勝手に思い込んでいました。

雑誌かテレビのインタビューで宇多田ヒカルが「自分の子供を通して自分の小さい時がどんなだったかを見る事ができる」
みたいな事を言っていました。

今我が子は家でも外でも走り周り、妻はヘトヘトになる日が多いです。
自分も小さい時はこんなにやんちゃだったのかなぁ。
親になる事で親の気持ちがよく分かるようになりました。
今1人でも大変なのによく自分の親は2人も男の子育てたよなぁと思います。
(街や電車で3人以上の子供を育ててる家族を見ますが今の自分では考えられません(笑))

子供の成長から親への感謝。
いろいろ考えさせられます。

 

雨のパレードライブ〜新木場スタジオコースト

2017年9月24日(日)新木場スタジオコースト
雨のパレードのライブに行って来ました。
私の整理番号はAの1000番台とちょっと。
17時開場少し過ぎた所で中へ。
ドリンクチケットをハイネケンと交換し、会場へ。
Aの1000番台でも割と近くで見れます。
ハイネケンを飲みながら開演を待ちます。

ステージでは幕にモノクロの映像が流れています。
開演時間18時過ぎ、照明がゆっくり落ち映像が雨粒に変わりました。
上から下へ、沢山の雨粒が降り続いています。
しばらくするとメンバー登場、長めのSEで、気持ちが高ぶります。
そしてnew placeでライブスタート。
1969と続きます。
個人的に好きな曲1969が早くもここで(笑)

雨パレのお客さんは静かに曲に聴きいってる感じであったかい空気を作りますね。

最初のMCでボーカル福永氏が
「今日は新しい自分達を見せたいと思っています。」と。

中盤ではギター山崎氏がアコギを弾き、2人でアコースティックバージョンを披露。
その後は、大澤氏と是永氏のリズムセッション。
大澤氏の安定で力強いリズムに是永氏が軽やかなスラップで応えます。
かっこいいスラップに会場も盛り上がっていました。 いやぁ、本当かっこよかった!!
気持ちが盛り上がった後に聴いたせいか、今回は個人的にCount me outがよかった。

初めて(事務所から?)幸せってなんだろ?というテーマを与えられて作ったという寝顔。

本編のラストはstage。
最後のMCでは、まず大澤氏が明るく
「本日ソールドアウトです。ありがとうございました。 本当お客さん1人1人とハグしたい気持ちです。」
ギターの山崎氏は感慨深く感謝の気持ちを込めたあと、「前は客席からでかいスピーカーだなとか思って見てた。」
次に振られたベースの是永氏は「完全ノープランなんだけど(笑)」
と言ってそれでもお客さんとイェーイ、イェーイとレスポンスしてお茶目な姿を披露して会場を笑いに包みました。
最後に福永氏は、
「やってみるとまだまだだなと感じます。もっとみんなを大きなとこに連れていきたい」
と今後の抱負にも感じる言葉を口にしました。
アンコール2曲、
Tokyo
ペトリコール
で終了。

いろいろな景色を見せてもらえて最高のライブでした。